二重螺旋 / Double Helix

date : 2015.6

outline :鉄管に空けられた複数の穴から 二重螺旋形状に炎を灯し、時に自由に、時に人と関わり合い、その表情を変える。 鉄管の片方から燃料ガスを噴射し、もう一方から任意の音波を発生させることで管内のガス粒子を振動させ、噴出する炎の勢いや形状を操作する”ルーベンスチューブ”の原理を応用し、表現とする。 音波には人の耳には聞こえない低周波を用いることで、より作品の”生物性”を強く想起させ、内蔵センサーにより人の動きを検知し、対話のような、威嚇のような反応を魅せる。 この作品は情報の可視化、物質化の次の段階を取る”情報の状態化”を模索するリアクティブな実験装置でもある。

genre : art

creator : ナリタ タツヤ

materials : スピーカー,ガス,鉄パイプ,電子機器,MDF,アルミ

video:▶︎

この作品は21_21 design sight動きのカガク展 に参加しています.

>>動きのカガク展HPはこちら

web001 web002 web003 web004 web005 web007