Q Lighting Controller Plus – DMXUSB PRO

2014/10/02 by ナリタタツヤ

先日DMXUSB PROを購入して、動作確認までしました。
今回はENTTECが紹介しているDMXUSB PROの3rd Party Tools/Appsの中から”Q Lighting Controller Plus”を試してみます。

downlordからApplicationをダウンロードし立ち上げます。ぼくがDLしたのは”Q Lighting Controller Plus4.7.4”です。

スクリーンショット 2014-10-02 12.18.58

立ち上げ時に下記のようなダイアログが表示されます。
Fixture Definition Editor / Q Ligtht Controller Plusの2つのうち”Q Ligtht Controller Plus”を選択します。

スクリーンショット 2014-10-02 12.21.03

初期画面がこちら。
画面下のタブから”入力/出力設定”を選択します。

スクリーンショット 2014-10-02 12.26.40

初期は”Universe 1”が選択されています。

スクリーンショット 2014-10-02 12.28.40

DMXUSB PROを接続していると右上の”DMX USB PRO – 出力0”の出力欄にチェックボックスが出ますのでチェックします

スクリーンショット 2014-10-02 12.30.33

下のタブから”シンプル卓”を選択します。Universe が”Universe 1”(DMXUSB PROを設定したUniverse)となってることを確認します。ここでENTTEC PRO-Managerのようにチャンネルを指定して信号を送ることが出来ます。

スクリーンショット 2014-10-02 12.33.34

 

 

インターフェースが全く反応しない場合

VCP driversを確認して下さい。必要とあらば再インストールしてください。

スクリーンショット 2014-10-01 23.48.02
・”MacintoshHD/ システム/ ライブラリ/ Extensions/ FTDIUSBSerialDriver.kext”を削除します。

スクリーンショット 2014-10-01 23.46.16

 

これで大体解決します。とりあえず今回はここまで。

*備忘録として記載しているため、この記事に書かれていることに関してはボクは責任取れませんので自己責任でお願いします。

Tags: , ,

Pro Micro

2012/06/01 by ナリタタツヤ

Arduino Leonardoと同じATmega32u4チップ採用のarduino互換機で、sparkfunが出しているPro Micro 3.3V/8MHz タイプです。  (5V/16MHzタイプも販売してます)
例のごとくスイッチサイエンスさんで購入できます。

 

Leonardoより断然小さく、埋め込み系には重宝しそうです。Leonardoと同じようにキーボード化できるのですが、arduinoIDE1.01ではマイコンボードにPro Micro が無く、Arduino Leonardo でアップロードしても書き込めないので専用のadd-onファイルを追加しないといけないようです。(ちょっと面倒)
あとピンの番号に注意!(13番ピン無いのよ…LEDも)
add-onファイルはsparkfunのページでダウンロード出来ます。(コレ
設定のしかたとスケッチは…

 

(さらに…)

Tags:

Arduino Leonardo

2012/06/01 by ナリタタツヤ

最近arduinoIDE 1.01がリリースされましたね。日本語対応とArduino Leonardoへのアップロードが可能になり、このタイミングで、スイッチサイエンスからArduino Leonardoが販売開始していたので購入してみました。

現在は一人ひとつしか購入できなようです(2012.05.30)
Leonardoの特徴と注意点としては

・ATmega32u4チップ採用によりUSBシリアル変換チップが不要になった
・マウス、キーボードといったUSBデバイスを作成出来る
・USBマイクロBケーブルでPCに接続

UNOでもキーボード化は出来たけどLeonardoでは本当に簡単になりました。  どのくらい簡単かというと…

(さらに…)

Tags:

Portable reflow module for toaster oven

2012/03/13 by ナリタタツヤ

arduinoの自作が本当に簡単に出来るようになっている昨今ですが、表面実装がもっと簡単に出来るようにならないものかと考えていたところ、スイッチサイエンス様が「自宅で出来るリフローお試しキット」の紹介VTRなる動画を配信しているのを拝見し(左のキットは販売終了しているようです2012.3.13)ホットプレートで表面実装していることを知り、おどろきました。

動画を観て温度調整できればオーブントースターでもリフロー出来るんじゃね?という安易な考えから、どうせなら持ち運び可能な温度調節モジュールを作成してみようと考えたわけです。

といっても構造は単純で、温度センサーキットで温度(180~230度)検知してソリッドステートリレーで電源の on / off 制御をするだけです。LCDには中の温度を表示させています。スクリプトはキットのサンプルちょっといじっただけです。

そんなわけで使い方は温度センサーをトースターに(適当な隙間を見つけて)突っ込み、電源をSSLとつながっているACコンセントコードにかませて使うだけのお手軽構造!

 

中身は自作arduino(5V)に温度センサー、オーブントースターの電源制御用SSL、温度表示用LCDディスプレイが搭載されてます。

まだ実際に使ってないのでスクリプト等は実験して調整していく予定です。つーかこれホントに使い物になるのだろうか…

とりあえず早く基盤発注せな!

–主に使用しているパーツ–
LCD 8*2 Characters – Blue back light
K型熱電対温度センサモジュールキット(SPI接続)MAX6675使用

–参考サイト–
・スイッチサイエンス様 MAX6675 K型熱電対温度センサ(SPI接続)
・seeedstudio様 LCD 8*2 Characters – Blue back light


Tags: , , , ,