【予習ノート】DigiFa部WS レーザー加工機で作るArduinoケース

2012/11/12 by ナリタタツヤ

DigiFa部WS予習の回です!

前回のDigifa部WS クラフトロボでシルクスクリーンをつくろう!では時間の都合上、割愛しなければならないことが多かった為、今回はその反省を活かして先に知識として「方法」を身に着けてから詳しい話やアドバイスをWS内でしていこうと思います。

具体的にこの方法を使えば最低限のものが作れますが、これをベースとして、より簡単に、よりかっこよく、より効率的にものづくりが出来るようになるといいですね。

 

さて今回は”DigiFa部WS レーザー加工機で作るArduinoケース”と題してArduino のケースを自作していきます。

その方法を図版とともに追って行きましょう。

▼スキャン

(さらに…)

BioLite 着火 test

2012/11/08 by ナリタタツヤ

最近購入したBioLite 薪や小枝など自然燃料の熱で発電する発電機兼調理器具です。
熱発電した電気はUSB端子から5Vで取得できます。
フィールドでの使用を楽しみにしつつ、我慢出来なかったので庭先で着火テストをしてみました。

ちなみに国内ではモンベルから購入可能です

小枝は近くに落ちていた桜の枯れ枝を細かく折って使います

(さらに…)

【第3回】Digifa部WS クラフトロボでシルクスクリーンをつくろう!【最終回】

2012/11/01 by ナリタタツヤ

【Digifa部WS クラフトロボでシルクスクリーンをつくろう!】最終回!

今回はみなさんシルクスクリーンで作品を刷るところまでやることを目標にしています。

データの出力は大分慣れてきています

(さらに…)

【第2回】Digifa部WS クラフトロボでシルクスクリーンをつくろう!

2012/10/19 by ナリタタツヤ

第2回目のDigiFa部WSです。

今回はカッティングシートのカットデータ作成、クラフトロボによるカット、フレーム作り、印刷を、それぞれの学生のペースに合わせて行ないました。基本的に自由作業です笑

まずフレームは市販のキャンバス用木枠を使ったもの、MDFをレーザー加工機で枠状にカットしたものなどを用意します。そこに紗をクランプで固定、ガムテープで貼ってフレームを作ります。

(さらに…)

Tags:

【第1回】Digifa部WS クラフトロボでシルクスクリーンをつくろう!

2012/10/18 by ナリタタツヤ

僕が多摩美術大学 情報デザイン学科で (勝手に) 開催しているワークショップ「DigiFa部WS」

デジタルファブリケーションという言葉が世に出てからしばらく経ちますが、まだまだ一般層にまで浸透していないように感じます。

このWSではなんとなく敷居が高いと思われているデジタルファブリケーションをもっと身近に感じて、色々なものづくりに活用して欲しいという気持ちから立ち上げた企画です。 (さらに…)

Tags:

Pro Micro

2012/06/01 by ナリタタツヤ

Arduino Leonardoと同じATmega32u4チップ採用のarduino互換機で、sparkfunが出しているPro Micro 3.3V/8MHz タイプです。  (5V/16MHzタイプも販売してます)
例のごとくスイッチサイエンスさんで購入できます。

 

Leonardoより断然小さく、埋め込み系には重宝しそうです。Leonardoと同じようにキーボード化できるのですが、arduinoIDE1.01ではマイコンボードにPro Micro が無く、Arduino Leonardo でアップロードしても書き込めないので専用のadd-onファイルを追加しないといけないようです。(ちょっと面倒)
あとピンの番号に注意!(13番ピン無いのよ…LEDも)
add-onファイルはsparkfunのページでダウンロード出来ます。(コレ
設定のしかたとスケッチは…

 

(さらに…)

Tags:

Arduino Leonardo

2012/06/01 by ナリタタツヤ

最近arduinoIDE 1.01がリリースされましたね。日本語対応とArduino Leonardoへのアップロードが可能になり、このタイミングで、スイッチサイエンスからArduino Leonardoが販売開始していたので購入してみました。

現在は一人ひとつしか購入できなようです(2012.05.30)
Leonardoの特徴と注意点としては

・ATmega32u4チップ採用によりUSBシリアル変換チップが不要になった
・マウス、キーボードといったUSBデバイスを作成出来る
・USBマイクロBケーブルでPCに接続

UNOでもキーボード化は出来たけどLeonardoでは本当に簡単になりました。  どのくらい簡単かというと…

(さらに…)

Tags:

Projector to tripod attachment 2

2012/04/18 by ナリタタツヤ

前回の記事で作ったものをもう少しスマートに作りなおしてみました。

ナットを5mmのものに変更し、穴の位置に少し余裕を持たせてあります。

前回より薄くなって省スペースです。

(さらに…)

Tags: ,

Projector to tripod attachment

2012/04/18 by ナリタタツヤ

 

ボンドが半乾きなのは勘弁してください。

TAMABI idd 【空間デザイン】演習授業にて担当講師:小野田先生と

三脚にプロジェクターを固定するアタッチメントを効率よく作ろうということになり、学科機材のレーザー加工機を使って制作しました。

構造は簡単で天吊用のネジ穴に合わせてMDFに穴を開け、中央に三脚のネジ経に合うナットを固定しています。

ナットはMDFを6角形に切って嵌めたあと、抜け落ちないように上から円経の穴の開いた板をかぶせて固定しています(裏から押してやれば取り出せる仕様)

プロジェクタはエプソンのEB-1775Wを使用しているのでこの型に合わせます。

(さらに…)

Tags: ,

Portable reflow module for toaster oven

2012/03/13 by ナリタタツヤ

arduinoの自作が本当に簡単に出来るようになっている昨今ですが、表面実装がもっと簡単に出来るようにならないものかと考えていたところ、スイッチサイエンス様が「自宅で出来るリフローお試しキット」の紹介VTRなる動画を配信しているのを拝見し(左のキットは販売終了しているようです2012.3.13)ホットプレートで表面実装していることを知り、おどろきました。

動画を観て温度調整できればオーブントースターでもリフロー出来るんじゃね?という安易な考えから、どうせなら持ち運び可能な温度調節モジュールを作成してみようと考えたわけです。

といっても構造は単純で、温度センサーキットで温度(180~230度)検知してソリッドステートリレーで電源の on / off 制御をするだけです。LCDには中の温度を表示させています。スクリプトはキットのサンプルちょっといじっただけです。

そんなわけで使い方は温度センサーをトースターに(適当な隙間を見つけて)突っ込み、電源をSSLとつながっているACコンセントコードにかませて使うだけのお手軽構造!

 

中身は自作arduino(5V)に温度センサー、オーブントースターの電源制御用SSL、温度表示用LCDディスプレイが搭載されてます。

まだ実際に使ってないのでスクリプト等は実験して調整していく予定です。つーかこれホントに使い物になるのだろうか…

とりあえず早く基盤発注せな!

–主に使用しているパーツ–
LCD 8*2 Characters – Blue back light
K型熱電対温度センサモジュールキット(SPI接続)MAX6675使用

–参考サイト–
・スイッチサイエンス様 MAX6675 K型熱電対温度センサ(SPI接続)
・seeedstudio様 LCD 8*2 Characters – Blue back light


Tags: , , , ,