Q Lighting Controller Plus – DMXUSB PRO

2014/10/02 by ナリタタツヤ

先日DMXUSB PROを購入して、動作確認までしました。
今回はENTTECが紹介しているDMXUSB PROの3rd Party Tools/Appsの中から”Q Lighting Controller Plus”を試してみます。

downlordからApplicationをダウンロードし立ち上げます。ぼくがDLしたのは”Q Lighting Controller Plus4.7.4”です。

スクリーンショット 2014-10-02 12.18.58

立ち上げ時に下記のようなダイアログが表示されます。
Fixture Definition Editor / Q Ligtht Controller Plusの2つのうち”Q Ligtht Controller Plus”を選択します。

スクリーンショット 2014-10-02 12.21.03

初期画面がこちら。
画面下のタブから”入力/出力設定”を選択します。

スクリーンショット 2014-10-02 12.26.40

初期は”Universe 1”が選択されています。

スクリーンショット 2014-10-02 12.28.40

DMXUSB PROを接続していると右上の”DMX USB PRO – 出力0”の出力欄にチェックボックスが出ますのでチェックします

スクリーンショット 2014-10-02 12.30.33

下のタブから”シンプル卓”を選択します。Universe が”Universe 1”(DMXUSB PROを設定したUniverse)となってることを確認します。ここでENTTEC PRO-Managerのようにチャンネルを指定して信号を送ることが出来ます。

スクリーンショット 2014-10-02 12.33.34

 

 

インターフェースが全く反応しない場合

VCP driversを確認して下さい。必要とあらば再インストールしてください。

スクリーンショット 2014-10-01 23.48.02
・”MacintoshHD/ システム/ ライブラリ/ Extensions/ FTDIUSBSerialDriver.kext”を削除します。

スクリーンショット 2014-10-01 23.46.16

 

これで大体解決します。とりあえず今回はここまで。

*備忘録として記載しているため、この記事に書かれていることに関してはボクは責任取れませんので自己責任でお願いします。

Tags: , ,

ENTTEC DMXUSB PRO

2014/10/02 by ナリタタツヤ

最近舞台小道具の案件を頂いたので、いい機会だと思い、自分でも舞台やパフォーマンスに使えるエレクトロニクスをリサーチしています。

舞台照明の制御に多く使用されているDMX機器。DMX512-Aという通信プロトコルを用いて複数のパーライトやムービングヘッド(ムービングライト)の光や動きのパターンを制御出来ます。通常DMXの制御にはハードウェアとソフトウェアの2種類の方法があります。ハードウェアはミキサーのような専用のコントローラをつかって制御する方法です。ソフトウェアは専用のUSBインターフェースを経由してPCソフトにてシーケンスを組み立ててゆきます。

ステージ照明に関してはSoundHouseさんが詳しく説明してくれているので興味がある方はチェックしてみてください。
今回ボクはENTTECの販売しているDMX制御インターフェース”DMXUSB PRO”を買ったので色々備忘録として記載しておこうと思います。

usb_pro

ちなみに、DMX制御用のUDBインターフェースは様々な種類がありますのでこれから始めたいという方は色々と調べてみると良いと思います。ボクはステージ照明に関しては素人なので、このインターフェースこそが一番のおすすめ!という意味での紹介ではありません。こちらのDMXUSB PROはYCAMなどでも使用されている、エレクトロニクスの界隈ではわりとポピュラーなインターフェースだということで購入しています(比較的安価というのもある)知人にはDoctorMXを使っている方もいます。使用目的に合ったものを選択しましょう。

さてこのインターフェース、買ったはいいが、DMX機器が無いと制御しようがない。
とはいえDMX機器は結構高いし、個人の家に1つだけあっても使い道が。。。
実はArduinoにはDMXの制御に関するPlaygroundが存在しますし、シールドも販売されています。結構使っている人がいるんですかね。

僕もDFROBOTが販売しているDMX Shieldを使って色々遊んでみようと思います。

_DSC0885-900x600

Arduino のスケッチはとりあえず通信確認をしたいので同サイトでDLしたConceptineticsライブラリを使用することにします。

ちなみに、写真をみるとわかりますが、DMXUSBPROのコネクタは5ピン、Arduino のシールドのコネクタは3ピンですので、ケーブルで繋ぐために変換コネクタを別途用意しておきます。そしてケーブルは一見マイクケーブルで代用出来そうですが、内部抵抗値が違うため、通信が上手くいかないことがあるようで、専用のケーブルが推奨されているようです。

★ここまでで購入したもの
・MacBookAir(OS10.9)
・ENTTEC DMXUSB PRO(USBケーブル込み)
・DMX3ピン5ピン変換コネクタ
・DMXケーブル
・Arduino
・DFROBOT DMX Shield

IMG_1950

IMG_1951

道具は揃ったので今度はPC側の設定です。
ENTTECの公式からPRO-Manager(V2.01)をダウンロードし、Arduino 側のスケッチは”DMX_Slave.ino”を書き込みアプリを立ち上げたが、デバイスを認識しない。。
ここで一瞬止まりましたが、公式のFAQに書いてありました。
Mac OSX : DMX USB PRO not found ?

スクリーンショット 2014-09-26 19.36.52

過去にDLしたVCPのドライバが干渉していたようです。
手順にしたがって作業すすめると、無事認識してくれました。
スクリーンショット 2014-12-10 12.50.08

ドライバのコントロールアプリ”FtdiDriverControl”

 

スクリーンショット 2014-09-26 19.31.26

DMX Sendタブからフェーダーをいじくり、DMX信号を送ります。
Arduino にはDMXの1chに13番ピンのon/offを制御する信号を送るスクリプトがアップロードされているので、1番のフェーダーを動かして、通信していることを確認します。

スクリーンショット 2014-09-26 19.32.29

とりあえず購入した諸々の機材が起動したので一安心です。
これから色々と弄って行こうと思ってます。

Tags:

Linear heads for micro servo

2014/05/02 by ナリタタツヤ

汎用サーボモーターに取り付けられる簡易的なラック往復機構をレーザー加工機で作ってみました。
FBでデータ公開に「いいね」ついたのでココに公開しておきますね。

これで垂直運動が楽に正確になってくれると嬉しいなー。目的はWS用と、作品製作用です。
カメラのシャッターや缶スプレーの噴射にも使えるかな―と思ってます。

10329271_462395523892984_4714753229637427913_n

(さらに…)

Tags: , , ,