Pro Micro

Arduino Leonardoと同じATmega32u4チップ採用のarduino互換機で、sparkfunが出しているPro Micro 3.3V/8MHz タイプです。  (5V/16MHzタイプも販売してます)
例のごとくスイッチサイエンスさんで購入できます。

 

Leonardoより断然小さく、埋め込み系には重宝しそうです。Leonardoと同じようにキーボード化できるのですが、arduinoIDE1.01ではマイコンボードにPro Micro が無く、Arduino Leonardo でアップロードしても書き込めないので専用のadd-onファイルを追加しないといけないようです。(ちょっと面倒)
あとピンの番号に注意!(13番ピン無いのよ…LEDも)
add-onファイルはsparkfunのページでダウンロード出来ます。(コレ
設定のしかたとスケッチは…

 

・アプリケーション>Arduino を右クリックして【パッケージの内容を表示】をクリック

 

・Cntents>Resources>Java>hardware の中にDLしたadd-onファイルの【proMicro】を移動する

 

arduinoIDE の ツール>マイコンボード に【SparkFun Pro Micro 8MHz/3.3V】【SparkFun Pro Micro 16MHz/5V】が追加されました。

 

ハードウェアはいつもどおり2ピンにタクトスイッチをセットします。

 

int buttonPin = 2;

void setup()
{
pinMode(buttonPin, INPUT);
digitalWrite(buttonPin, HIGH);
}

void loop()
{
if (digitalRead(buttonPin) == 0)
{
Keyboard.write(‘z’);
delay(500);
}
}

スクリプトはつまんない「k」を押すだけのもの

 

そしてまたAS3.0でキーボード検出する確認用スクリプトも書いておきますね

 

stage.addEventListener(KeyboardEvent.KEY_DOWN, KeyDownFunc);

function KeyDownFunc(event:KeyboardEvent):void{
if(event.keyCode == 75){
trace(“kが押された”);
}
}


Tags: